葬儀のデメリット

昔からあるオーソドックスな一般葬や火葬式と最近人気の家族葬や自宅葬といった葬儀方法はデメリットも大きく異なっています。オーソドックスな葬儀スタイルであれば、お通夜や告別式を行うものが一般的です。ただ、お通夜や告別式をしないで行うスタイルのものもあり多様化しているのが特徴です。お通夜を行わないので、故人との時間をゆっくり過ごすことができない、というデメリットがあります。

家族葬では、葬儀をすることを友人や知人に伝えないことも多いので葬儀に参列できなくて不満を持つ人も少なくありません。従来の葬儀であれば、たとえば一般葬は多くの人が故人を見送ることができるようになっています。葬儀後の弔問対応も負担が少ないのですが、こうした参列する人を喪主が選ぶことで様々なデメリットがあります。何で葬儀に呼んでくれなかったの?と故人と親しい人だけで行うことができるのは魅力である反面、参列できなかった人からしたらデメリットになるので、まずは理解を得ることが大切です。

葬儀を行う場合は、故人と親しかった友人や知人のことも考えることが肝心です。家族や近い親族だけで葬儀を行う場合は、故人と親しかった友人や知人に必ずその旨を連絡をすることが大事です。こうすることでトラブルを無くすことができます。