葬儀・自宅葬のメリット

多様化している葬儀の種類ですが、自宅葬というものがあります。自宅葬は、その名の通り自宅で行う葬儀方法です。故人が慣れ親しんだ家でお見送りができるというのが特徴で、こちらは親しい人だけで行うこともできますし、友人や知人も参列することが可能です。比較的行いやすい葬儀スタイルですが、どのような特徴があるのでしょうか。

自宅葬のデメリットは、部屋を片付ける必要があることです。部屋が散らかっていると片付けてから葬儀をする必要があるので体力的な負担があります。メリットは、お通夜など時間を気にすることなく故人と家族だけで過ごせるというのが魅力です。住み慣れた自宅に戻してあげることができるという点が選ばれる理由でもあります。親族や近所の人、故人と関連の深い人がゆっくりと思い出話をすることができるのも魅力です。

しかし、自宅葬は一般葬や火葬式といった従来の葬儀にはない特徴があります。自宅でお葬儀なんて、と思う人も多いのではないでしょうか。自宅で行う分、それだけ故人と関わりの深い人や故人との時間を過ごすことができるようになります。お坊さんを呼ばないといけないので仏具の設置準備や後片付けが大変というのも自宅葬の特徴です。